病院

危険な無呼吸

医者

睡眠時に呼吸が止まる、睡眠時無呼吸症候群は太った男性のみならず細身の人や女性でも発症します。また、睡眠時無呼吸症候群は自分では気づきにくい上、日常生活に支障をきたすため、指摘された場合はすぐに内科で受診しましょう。

詳細を確認する...

早急に治療をする

治療費について

悩み

糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げるホルモンが低下することにより体内の血糖値が高くなっている状態の事です。 糖尿病にかかるとのどの渇き、尿の回数が増える,疲れやすいなどの様々な症状が現れます。 そのため、このような症状がある場合は専門医を受診する事が大切です。 糖尿病による1ヶ月の治療費は、健康保険の負担割合や合併症など1人1人の状態よって大きく異なりますが平均的な費用は月6000円前後だといわれています。 また、糖尿病の初期は自覚症状が全くない場合が多く血液検査などで異常が出てもそのまま治療を受けない方がとても多くいます。 しかし、糖尿病は放っておくと非常に危険な病気です。 血液検査などで異常が出た場合には早急に受診する必要があります。

ジェネリック薬品について

糖尿病の毎月の治療費はとても大きな負担です。 そのため、誰もが少しでも安く抑えたいと考えると思います。 治療費を安く抑える方法の1つとして薬をジェネリック薬品に変更するという方法が あります。 ジェネリック薬品とは、新薬の特許が切れた後に販売される薬です。 そのため、新薬と比べ開発費などがかかっておらず価格を抑える事ができます。 しかし、効果や効能は新薬と変わらないため安全性が確立されています。 このため、ジェネリックを利用すれば毎月の治療費を安く抑える事ができます。 ジェネリックを利用する方法は、医師か薬剤師に相談すれば変更する事ができます。 しかし、薬によってはジェネリック自体が発売されていない場合もあるため注意が必要で。